髪の毛や体毛には毛周期というものがあります。脱毛には、毛周期が深く関わっています。まずは脱毛期間を理解する為にも大切な「毛周期」について理解しましょう。

永久脱毛の基礎知識

脱毛は毛周期に合わせて通う必要がある!毛周期って何?

投稿日:

ムダ毛処理って面倒!!!!

しかも焦って処理すると、剃り残しとかがあったりして、余計に恥ずかしい思いをしたりします。

だからこそ、自分で処理をしなくて済む永久脱毛がしたい!

今回は永久脱毛を考えている人が疑問に感じる、永久脱毛に必要な回数や、綺麗になるまでにかかる脱毛期間についてお話しをさせて頂きます。

脱毛期間の理想と現実

クリニックに通う時「まめに通って最短でツルツルになろう」と考えている方を時々みかけます。

思い立ったが吉日で、冬に始めて夏くらいにはツルツルの素肌で過ごせれば良いなって考えてみたり・・・。

でも実際にエステやクリニックに通い始めると1回脱毛施術を受けた後は、その後の施術は2ヶ月から3ヶ月くらい先になり、自分の思っていた時期までに脱毛期間が終了しません。

なぜ、こんな事がおこるのでしょう。それには毛周期が深く関わっています。

まずは脱毛期間を理解する為にも大切な「毛周期」についてお話しします。

毛周期とは

髪の毛や体毛には毛周期というものがあります。全ての毛は、成長前期→成長後期→退行期→休止期という4段階のサイクルで生え変わりを繰り返しています。

毛周期

毛周期

画像:脱毛の知恵袋 | 毛の基礎知識・毛のサイクル・周期

成長前期と成長後期は毛の根っこにあたる毛母細胞が分裂し始め、毛が太く長く育っていく時期です。

退行期は、毛母細胞の分裂が停止する時期で根っこからゆっくりと離れていってしまう時期です。
そして休止期は、完全に根っこから離れて自然に抜け落ちるのを待っている時期となります。

部位によっても違う毛周期

毛周期は1本1本の毛によってバラバラで、さらに毛が生えている部位によっても周期が違います。

例えば、髪の毛は体毛の中でも毛周期がもっとも長く、男性で3~5年、女性の場合4~6年です。逆に毛周期がもっとも短い箇所は眉毛で、眉毛の毛周期は4ヶ月から6ヶ月ともいわれています。

近い部分に生えているから毛周期の期間は似ているという事もないんですね。

では他の部位はどのくらいの毛周期なのでしょうか?見ていきましょう。

顔の毛周期は6ヶ月~1年6ヶ月、ワキの毛周期は1年~2年6ヶ月、太ももや膝下の毛周期は6ヶ月~1年6ヶ月、腕・肘下・手の甲の毛周期は6ヶ月~1年6ヶ月、VIOで1年~2年、部位によってバラバラです。

毛周期に合わせた施術とその周期で施術を行う理由

こんなにバラバラなのに、なぜ2ヶ月おきをすすめられるのでしょう。

実際、毛周期が比較的長いワキやVIOは3ヶ月おき、それより周期が短い箇所は2ヶ月おきくらいが効果的です。

脱毛箇所が1部位に限られている場合はその部位ごとにあった施術期間での脱毛をおすすめします。しかし、最近は複数箇所や全身脱毛などのコースが人気です。この場合やはり効果的な施術サイクルは2ヶ月ごとというのが一般的な施術期間になります。

では毛周期と施術時期にはどんな関係があるのでしょう。

実はエステで使用されるフラッシュ脱毛やクリニックで使用される医療レーザー脱毛は、成長期の毛にしか効果を発揮しません。

毛のメラニン色素に光を当てて発熱させて毛乳頭の細胞を破壊して毛を生えなくさせる仕組みなので、毛根と毛乳頭がくっついている成長期でないと効果がないのです。

成長期の毛は全体の20~30%しかないので、この毛周期に合わせて、何度か施術を繰り返す必要があります。

フラッシュ脱毛と医療脱毛は通い方も違う?

エステも医療レーザーも同じように毛のメラニン色素に光をあてて毛乳頭の細胞を破壊します。しかし、この二つには光の性質に違いがあります。

もともと光は様々な波長を持っていて広範囲に広がる性質があります。

蛍光灯や電球を見ると分かりやすいと思いますが、通常の光はピンポイントでは当たらず、広範囲を照らします。

エステで使用されるフラッシュ脱毛は広範囲に広がる光で施術を行います。そのため、光を広い範囲に当てられるので素早く広い範囲を施術する事が可能です。

しかし、1本1本の毛に与えるダメージは軽く回数を重ねて施術しないと効果が生じにくいといった欠点があります。

一方の医療レーザーは医療機関のみが使用することが許可されている脱毛機器を使用して行われます。

エステの光脱毛は500~1200ナノメートルの波長を全て含んでいる光を広範囲に当てて施術していきますが、それに対しレーザー脱毛は光の波長の中から、脱毛に適している波長だけを選んで使用し、その光をレーザーのように全て一方向に向けて照射して施術しています。

これにより光脱毛に比べ、レーザー脱毛は効率よく毛乳頭に熱を加える事が可能です。

no image
エステサロン脱毛と医療脱毛の違い

全身ツルツルでムダ毛のない肌って憧れますよね。 ムダ毛のない綺麗な肌を手に入れたいと思ったら、やっぱりお店に行ってプロに脱毛をしてもらうのが一番です。 お店の脱毛というとどこへ行っても同じなのでは?と ...

続きを見る

医療脱毛は何回で終わる?終わるまでの回数

エステのフラッシュ脱毛は素早く広い範囲の脱毛を希望する場合には効果的ですが、一度の照射エネルギーが弱く、永久脱毛の為には何度か施術を繰り返す必要があります。

脱毛が終わるまでの回数を比べると、フラッシュ脱毛は15回、医療脱毛は6回と半分以下の回数で効果を実感できるでしょう。(脱毛する部位や、肌質など個人差は多少あります。)

 

どちらも、お手入れがいらなくなるまでには何回か通う必要がありある程度 期間を要します。

しかしながら、レーザー脱毛は照射エネルギーを集中させ、強いパワーで確実な脱毛が可能ですので、フラッシュ脱毛のおよそ半分の時間で済むのは魅力的ですよね。

 

少ない回数ではっきりとした効果を発揮するレーザー脱毛は、忙しくてなかなか通えないという人におすすめです。

それ以外の医療レーザー脱毛のメリット

脱毛は肌に負担が掛かる施術です。肌が弱い方や、アレルギーがある方、皮膚に気になる症状があるといった場合には、やはり肌の事に詳しい専門の医師や看護師に施術して貰う方が安心できますし、万が一肌トラブルがおきた時にも適切な対処を受ける事が出来ます。

また、痛みに弱い人などは脱毛の痛みが辛くて途中で通うのを諦めてしまう方もいますが、医療機関での施術の際には、痛みが不安な場合には、希望によって麻酔などの処置も出来ます。

長くお付き合い頂いて、脱毛が思った以上に時間が掛かる行為である事は、ご理解頂けたと思います。

それでも、一度この期間を過ごせば、後は自分で処理をする必要もありませんし、カミソリ負けなどで肌を痛める心配もありません。

やっぱりツルツルスベスベの肌って憧れますよね。

自分のペースでゆっくりとした計画を立てて、ツルツルスベスベの肌を目指してみませんか。

医療脱毛ランキング

-永久脱毛の基礎知識

Copyright© 永久脱毛っていくら?クリニックの料金プラン口コミを比較!永久脱毛クリニックおすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.